UKAI Mark
産業用タチ付ホイル 各部名称  タイヤ構造
PDF
ダウンロード

産業用タチ付ホイル 各部名称


タイヤの構造について

 空気入りタイヤは、上のタイヤ断面図の様な構造となっております。
 ビード部には、タイヤ製造時に、ビードワイヤと呼ばれるワイヤが輪の状態で組み込まれております。
 このビードワイヤにより、ビード部が補強され、タイヤとホイルをしっかり固定し、タイヤ全体の形状を保持させています。
 また、内部に十分な空気が充填されることにより、タイやとホイルがしっかり固定されます。
 空気を十分充填せずに使用された場合、もしくは規定の最大荷重を大きく超えた荷重でご使用の場合、ホイルが滑り、ビード部に摩耗が発生する事があります。この場合、ビード部に大きな負担が加わり、最悪の場合、ビードワイヤが破損し、対野外に突出する可能性があります。

ビードワイヤ突出

ビードワイヤがタイヤ外に突出した事例

最大荷重を大きく超えた荷重

空気が十分充填されていない

 
ホイルが滑り、ビード部が摩耗
 
ビードワイヤが破損
 
ビードワイヤがタイヤ外に突出


必ず規定空気圧を充填して使用して下さい。
空気は自然に抜ける事もありますので、空気圧を点検の上、空気が抜けている場合は、空気を補充して下さい。

最大荷重を超えて使用しないで下さい。

ノーパンクタイヤも用意しております。
空気は自然に抜ける事もありますので、空気圧を点検の上、空気が抜けている場合は、空気を補充して下さい。

ご不明な点はお問い合わせの上、ご使用下さい

Topへ