UKAI Mark
キャスター使用時の注意事項
PDF
ダウンロード

(I)用途 (II)キャスターの選定と使用条件 (III)キャスターの取り付け 
(IV)使用上の注意 (V) 保守点検 / 産業用タチ付ホイル使用上のご注意

 (I)用 途  

 キャスターは、人及び動物を除く荷物の移動や搬送を容易にする目的で、室内、構内の運搬機器及び、各種機器に取り付けられ、人力で間欠的に使用するものです。


(II)キャスターの選定と使用条件

 

1.最大荷重と適正荷重

最大荷重
長期間の使用に対して安全かつ軽快にご使用いただくための最大の数値です 。
適正荷重
運搬車(4個使用の場合)で使用する場合、3点で荷重を受ける場合がありますので、
下記式の様に最大荷重の80%で荷重計算を行って下さい。

適正荷重=1個の最大荷重(daN)×4(個)×0.8

単位について

計量法改正に伴い重量kgは質量kgと力kgf(キログラムフォース)と明確に区別しなければ
ならないため、次の様に変更いたします。

2.使用速度

平坦な路面を下記表の速度以下で断続的に使用して下さい。
牽引用キャスターを使用し、トレーラー等動力で牽引される場合でも同様です。
また、発熱を伴う連続使用は避けて下さい。
車輪径 使用速度
75mm以下 2km/h以下
100mm以上 4km/h以下

3.使用条件

取付機器に応じて以下の点について決定下さい。

金具の種類
旋回、固定、ストッパー付等
取付方法、材質
車輪の種類
車輪径・材質

4.使用環境

 通常、キャスターは常温、構内での使用を想定して設計されております。  酸、アルカリ、海水、油、水中などの特殊な環境下での使用は避けて下さい。製品の劣化が進む恐れがあります。
 高温、低温の環境でご使用の場合はご相談下さい。個々の用途に応じた金具、車輪、グリースが必要になります。
 また、車輪の材質によっては床面に汚染の恐れがあります。

5.ストッパー

 長期使用による摩耗・損傷で、気がつかないうちに機能が低下する事が考えられます。
 また、一般に堅い車輪(ナイロン車輪等)は出荷当初より制動力が劣ります。
 制動性能について、製品安全上、特に必要がある場合は、車輪止め、フロアロック等、別の手段を講じて下さい。

6.車輪

  本カタログに掲載している車輪は、当社製シャフトを使用し、金具と組み合わせる前提で設計されております。公差等の問題から市販のシャフトと適合できない場合がございます。
 ご使用の際は、あらかじめ、その旨お問い合わせ下さい。


 (III)キャスターの取り付け 

  1. 固定した接続部に、取付穴部の寸法に合致したボルトナット、ワッシャー等を使用し、緩みが生じないように正しく取り付けて下さい。
  2. 取付面が、水平になるように取り付けて下さい。
  3. 旋回キャスターは、その旋回軸が垂直になるように取り付けて下さい。
  4. 固定キャスターは、お互いに平行になるように取り付けて下さい。

 (IV)使用上の注意 

1.設定条件

 設定条件を超える使用・目的外の使用は、キャスターに予想以上の負荷がかかり、変形・破損の原因となりますので、避けて下さい。

2.ストッパー

 ストッパーは衝撃により不意に解除する事が考えられますので、下記の様な操作は避けて下さい。

3.キャスターの取り扱い

保護具(手袋等)を使用し、キャスターを安全に取り扱って下さい。

4.製品の改造

お客様において行われた、製品の改造、組み替え、塗装等や、溶接・取付については、責任を負いかねます。ご了承下さい。


 (V)保守点検 

使用条件、長期間の使用により、ネジの緩みや部品のサビなどの劣化が起こることがあります。通常点検として下記項目を点検して下さい。


産業用タチ付ホイル使用上のご注意

産業用タチ付ホイルをご使用の場合は、下記事項にもご注意下さい。

米式バルブ写真

米式バルブ


ご不明な点はお問い合わせの上、ご使用下さい

Topへ